不眠症の対策について色々調べてる時に知ったサプリですが、多少お金はかかりますが一番続けられて効果が見込める対策だと思います。
そこで、私もサプリを購入して試してみたので、このページで順番に紹介していきます。
ランキングでも紹介していますが、どうせなら安くて効果が高そうな潤睡ハーブがいいですね!

 

 

 

まずは商品のパッケージです。
サプリの入った袋と冊子類はシンプルな茶封筒に入って届きました。
ちなみにこの潤睡ハーブを販売している会社の社長さんは昔医療関係のお仕事をされていたそうです。
医療に携わる方がホントに体のためを思って開発したサプリなので、誰が飲んでも安心ですよね。

 

 

一緒に送られてきた冊子には、サプリを飲むタイミングやその効果を上げるためのアドバイスが書かれています。
一日をどう過ごすとよく眠れるか、良い睡眠を妨げるNGな習慣といったことが具体的に書かれています。
「それができれば苦労しないよ」と言いたくもなりますが、「できることだけでもやってみる」姿勢が大事なのでしょう。

 

 

粒の大きさは直径約9mm、厚み約6mmで、他のサプリと同じようなサイズなので飲みにくさは感じませんでした。
錠剤なので匂いや味は気になりません。

 

 

主な成分はストレスを和らげるものと体を温めるハーブです。

 

アミノ酸というのは一種類でも欠いていると働きが半減してしまうという特徴があります。
クロレラには9種の必須アミノ酸すべてが含まれていて、バランスよく摂取できるので、休息に関係するアミノ酸もしっかりと働いてくれるでしょう。
ギャバラフマ葉のエキスもイライラを解消して快眠をサポートしてくれます。
クワンソウという植物には「オキシピナタニン」という成分があり、自然に眠くなる鎮静効果を持っています。
金時生姜ヒハツは体を温めてくれるので、寒くてなかなか寝つけない、夜中に寒くて目が覚めたりトイレに行きたくなってしまう人には効果的かもしれません。

 

 

さすがに初日から効果はなく、なかなか寝つけずにいたのですが、いつもに比べて手足がポカポカと暖かく感じられました。
そして2週間くらい経ったころ、布団に入るといつの間にか眠っていることが増えてきました。
最初は1日3粒飲んでいたのですが、あまり効果が感じられなかったため6粒に増やしてみたのが功を奏したのかもしれません。
眠りの質もよくなってきているのか、これまでに比べてスッキリとした気分で起きられるように感じます。
「このまましばらく続けてみよう」そう思わせてくれるサプリです。

 

「潤睡ハーブ」公式サイトはこちら